ホーム設立趣意

設立趣意  ※定款より抜粋

 当法人は、発達障がいを抱える当事者及び彼らを取り巻く家族、学校、地域、職場に対して、発達障がいについての理解を深め、彼らの特性を豊かな個性として認識し、彼らが自己決定を行うことができるための支援に関する活動を行い、もって児童又は青少年の健全な育成、障害者の支援、更には、不当な差別又は偏見の防止及び根絶に寄与することを目的とする。

代表あいさつ

 発達障がいは、外見上その有無を見極めることが困難です。そのため、当事者は周囲から理解されずに悩んだり、自分自身を責めて苦しんだりしています。
当時者自身やその周りの方々が、発達障がいについて正しい認識を持ち、人間関係を築くことができれば、お互いを尊重し合い、より生きやすくなります。

 一人で悩みを抱えていませんか?
 どこに相談したらいいのか分からず立ち止まっていませんか?

 私たちは、皆さんがその1歩を踏み出すお手伝いをさせていただきます。当事者の方とは同じ歩幅で歩きながら、しっかりと自立することができるように、また、周囲の方には、お互いを尊重し合った関係を築けるように、ケアを致します。
 障がいの有無に関わらず、お互いが健やかに共生し得る未来を切に願っています。当事者と周囲をつなぐ“架け橋”、それが発達心理ライフケア協会です。

                                                 代表理事 春日佳奈

代表プロフィール

◆春日 佳奈(かすが かな)
1971年秋田県生まれ
中央大学卒
武蔵野大学へ編入後、卒業

≪所属・資格≫
日本自閉症スペクトラム学会、日本心理学会 他
保育士、認定心理士、自閉症スペクトラム支援士

≪趣味・特技≫
カラオケ、アニメ、手話(只今、勉強中)

このページのトップへ
inserted by FC2 system